「 立ちが良い針 」 一覧

鮎掛け針の大きさ、各部の名称及び効果的なハリの使い方

初期の鮎は小さいので針も小さめのものを、と思いがちですが、鮎の皮膚が軟らかいので針が小さいと身切れしてバラすことになります。ですから、解禁の当初は、太軸で少し大きめの掛け針を使うほうが良いです。