「 泳がせ釣り 」 一覧

トロ場の特徴と釣り方のコツ

トロ場の鮎は僅かな物音でも直ぐに散ってしまうので、鼻カンを付ける時や取り込む時以外は、出来るだけ水に立ち込まないで岸から静かに釣るほうが釣果が上がります。勿論、川幅が広い河川で釣る時や対岸のヘチを釣る時は、水に立ち込まざるを得ません。

友釣りシーズン盛期の鮎の特徴及び釣り方

  2016/08/05    友釣り , ,

水温は流れの速い所ほど低くなるので、暑い日などは、荒瀬などの流れの速い場所が掛かりやすくなりますし、大石の裏などでも、良く追います。この時期は、渇水になりやすく、渇水時には水深のある荒瀬、トロ場、淵の周辺が狙い目になります。