鮎玉網(タモ)について

タモの大きさや形状は、釣り場の状態や取り込み方によって異なりますが、岸から釣る時や、小さな川、岩場、渇水時など水辺から離れて釣る時は、袋部分に水を入れてオトリや掛かり鮎を運べるので、袋ダモが適しています。

友釣り竿

鮎竿の長さは6~11メートルまでありますが、9~9.5メートルが主流です。竿の全長を変えられるように、替えハカマと言われる短い元竿が付いているモデルもあります。例えば、9メートル竿の場合は、元竿に取り変えれば、8メートルほどの、少し短めの竿として使えます。また、伸び縮みが出来るズーム機能が付いた竿もあります。

鮎の掛け釣り (補足)

コロガシ釣りでは、流速のある瀬などは、どこでも釣れますが、底石が大小さまざまで起伏が激しい所は、根掛かりが多くなり適しません。急瀬、平瀬、ザラ瀬、深場などで、底石の大きさが揃っていれば絶好のポイントになります。

鮎釣り用語集

アカとは、鮎の主食である川底の石に付いている珪藻やラン藻などの藻類のことで、コケとも言います。朝まづめとは、早朝の日の出前のひと時。魚釣りでは、夕まづめと共に最良の時間です。

逆バリの役目と打つ位置などについて

水深の浅い場所では、逆バリを脂ビレの近くに打つと、根掛かりは少なくなります。ただ、脂ビレの近くなど上に逆バリを打つと根掛かりは少なくなりますが、瀬などでは掛け針の位置が上に上がりすぎるので、掛かりが遅くなります。

ハリスの重要性の理由とは

ハリスには、掛け針が野鮎に掛かるのを補助する役目と、掛かった野鮎を保持する役目があります。鮎の大小やポイントや野鮎の追い方などによって、軟らかい糸や硬い糸を使い分けます。掛かりが良いか否かは、掛け針ばかりでなく、針とハリスのバランスが大きく左右します

鮎掛け針の大きさ、各部の名称及び効果的なハリの使い方

初期の鮎は小さいので針も小さめのものを、と思いがちですが、鮎の皮膚が軟らかいので針が小さいと身切れしてバラすことになります。ですから、解禁の当初は、太軸で少し大きめの掛け針を使うほうが良いです。

鮎掛け針の性質及び種類

友釣りでは、針先が鋭くなければ硬いウロコを貫き通し深く刺さり込む事は出来ません。針自体が持っている鋭さと角度だけで鮎の魚体の奥深く刺さり込まねばなりません。ですから、針先が野鮎の体に触れただけで突き刺されるほどの鋭利さが要求されます。

野鮎の追いについて

オトリは見えるところに野鮎が居ると決して近づこうとはしません。大石の裏などの見えない場所に野鮎がいる時には、野鮎の縄張りに近づいたり、縄張りの中にはいってしまいます。そして、野鮎が居るのを察知すると逃げようとしますが、そのオトリの逃げようとする動作が野鮎を挑発するので、野鮎はオトリを追うことになります。

オトリの付け方と送り込み方

流れに乗せて送り込む方法は、ミチイトを張ってオトリの頭が水面から出るか出ないか程度に持ち上げると、オトリは流れの抵抗を受けて下流へ流されて行きます。そこで竿先を沖の方へ倒しながら狙うポイントの下手に送り込みます。