「 初級者講座 」 一覧

掛けた鮎の取り込み方

引き寄せる場合には、掛かった鮎が疾走する前に、竿を上流側に寝かせたまま、釣り手は出来るだけ素早く下流へ移動しながら、竿の弾力を利用して鮎の疾走を止めます。竿を上流へ寝かせるのは、掛かり鮎を浮かせないようにするためです。そして、掛かり鮎を徐々に手元まで引き寄せてタモの中に吊るし込みます。

引き釣りでオモリを使う場合及び引き釣りのやり方

オモリ釣法は、竿の操作が難しくなり、糸を緩めると根掛かりしますし、オトリを強く引きすぎてしまうとオトリは急激に弱ってしまいます。オモリ釣法で大切なことは、竿の適切な角度を保つことです。

引き釣りでの竿の角度、釣り方及び誘い方

引き釣りでは、オトリに泳ぐ余裕を与えながら引いたり、竿の角度や動かし方を変えながら操作することが大切です。流れが速いほど竿は寝かせますし、オトリが釣り人の位置に近いほど竿を立てます。また、オトリを泳がせる時の糸の張り加減が大変重要になります。オトリの遊泳感を常に感じ取れるような糸の張り加減に保つことです。

逆バリの役目と打つ位置などについて

水深の浅い場所では、逆バリを脂ビレの近くに打つと、根掛かりは少なくなります。ただ、脂ビレの近くなど上に逆バリを打つと根掛かりは少なくなりますが、瀬などでは掛け針の位置が上に上がりすぎるので、掛かりが遅くなります。

ハリスの重要性の理由とは

ハリスには、掛け針が野鮎に掛かるのを補助する役目と、掛かった野鮎を保持する役目があります。鮎の大小やポイントや野鮎の追い方などによって、軟らかい糸や硬い糸を使い分けます。掛かりが良いか否かは、掛け針ばかりでなく、針とハリスのバランスが大きく左右します

鮎掛け針の大きさ、各部の名称及び効果的なハリの使い方

初期の鮎は小さいので針も小さめのものを、と思いがちですが、鮎の皮膚が軟らかいので針が小さいと身切れしてバラすことになります。ですから、解禁の当初は、太軸で少し大きめの掛け針を使うほうが良いです。

鮎掛け針の性質及び種類

友釣りでは、針先が鋭くなければ硬いウロコを貫き通し深く刺さり込む事は出来ません。針自体が持っている鋭さと角度だけで鮎の魚体の奥深く刺さり込まねばなりません。ですから、針先が野鮎の体に触れただけで突き刺されるほどの鋭利さが要求されます。

野鮎の追いについて

オトリは見えるところに野鮎が居ると決して近づこうとはしません。大石の裏などの見えない場所に野鮎がいる時には、野鮎の縄張りに近づいたり、縄張りの中にはいってしまいます。そして、野鮎が居るのを察知すると逃げようとしますが、そのオトリの逃げようとする動作が野鮎を挑発するので、野鮎はオトリを追うことになります。

オトリの付け方と送り込み方

流れに乗せて送り込む方法は、ミチイトを張ってオトリの頭が水面から出るか出ないか程度に持ち上げると、オトリは流れの抵抗を受けて下流へ流されて行きます。そこで竿先を沖の方へ倒しながら狙うポイントの下手に送り込みます。

ポイントの選び方

後期には、水流の強い場所を嫌うようになるので、トロ場や淵などがポイントになります。また、玉石のザラ瀬や小石のチャラ瀬などでは成長の遅れている鮎が居るので、水温が上がる時間帯には狙い目となります。この時期は雌鮎をオトリに使うか否かで釣果を左右します。