掛けた鮎の取り込み方

   

取り込みとは、掛かった野鮎をタモに
入れるまでの操作を言います。

取り込みの操作

掛けた野鮎を取り込むには、タメ、ヨセ、
取り込むの三つの一連の操作をしますが、
掛かり鮎の疾走を竿をタメて止め、掛かり
鮎の動きが弱まったら手元にヨセて、
掛かり鮎をタモに吊るし込んで取り込む
ことになります。

タメとは

タメとは、掛かり鮎の疾走を止めるための
竿の操作です。

引き寄せる場合には、掛かった鮎が疾走
する前に出来るだけ素早く竿を上流側に
寝かせて竿の弾力を利用して鮎の疾走を
止めます。

竿を水面近くに寝かせて下流を釣っている
場合には、竿の弾力を生かすために、釣り
人が下流へ移動します。

掛かり鮎を水面に浮かせないようにして、
竿先は上流に向けたまま竿を立てないで、
寝かせたまま、釣り人は出来るだけ早く
下流へ移動します。

この際に、竿先が水面より高く上がると、
掛かり鮎は川底を離れてしまいます。

流れは、水面に近づけば近づくほど強く
なりますので、掛かり鮎を出来るだけ
川底近くを泳がせるようにすると、流れ
に押されることはありません。

また、オモリを用いている時は、流れの
巻き込みに入れると、ミチイトが緩んで、
オモリが石にかまれることがあるので
注意が必要です。

特に、瀬では、掛かり鮎を押し流す水流を
考えて流れのより緩やかな底近くをヨセて
くるタメ方が必要になります。

下流の石の裏を釣っている場合、竿を立て
て釣っていますが、タメられヨセられると
思える時は立てた竿を水面近くまで下げる
必要はありません。

ただ、下流へ走る掛かり鮎に対しては、
流れが速いほど竿先の位置を低くすること
です。

沖を釣っていたり、上流を釣っている
時は、竿先の位置が高いので、竿を手前に
絞ってタメます。

引き寄せでは、竿を上流側に寝かせたり、
垂直に突き立てて、竿をタメてミチイトが
手前へ寄ってきたら竿を肩にかついで
ミチイトを手でつまみミチイトをたぐって
鮎を引き寄せます。

引き寄せで注意することは、掛けた鮎を
水面上に絶対に浮かせないことです。

鮎を浮かせると掛け針が外れてしまい
かねません。

ヨセとは

ヨセとは、ある程度動きが弱くなってから
掛かり鮎を手前に引き寄せる操作です。

竿を立てたまま流れのたるみや石裏に引き
込みながら寄せるやり方、下流の岸へ竿を
回転させて寄せるやり方、竿を横に低く
構えたまま下流へ移動しながら寄せるやり
方などあります。

岸寄りの浅くなっている所に寄せる時は、
掛かり鮎が底石に当たって掛け針が外れる
ことがあるので注意することです。

流れの緩い場所に誘導して取り込む場合に
、大石の陰や岩陰などは流れが巻いている
ので、ミチイトがたるんでバレる可能性が
あります。

ですから、ミチイトは絶対に緩めては
いけません。ミチイトは張ったまま、鮎の
引きに対応して取り込みにかかります。

取り込み

取り込みとは、手前に寄せてきた鮎を
タモに吊り込む操作です。

取り込む際に吊り込む時は、掛かり箇所を
確かめることです。、

腹掛かりしていると、水面上に引き上げる
時に肉切れを起こすことがあるので、タモ
は水面すれすれで受けることです。

それ以外の時は、掛かり鮎を水面上に
吊り上げてからタモの中に落とすことです。

トロ場の小鮎の取り込み方は、釣り人は
あまり動かずに、掛けた野鮎を休ませ
ないように一気に引き寄せて取り込み
ます。

近くまで野鮎が寄っても、寄せるスピード
は緩めずに引き寄せ、ミチイトをつかんで
オトリごと水から抜き上げてタモに落とし
込みます。

掛けた野鮎を取り込むには、引き寄せ
と引き抜きの二通りがあります。

引き寄せのやり方

引き寄せる場合には、掛かった鮎が疾走
する前に、竿を上流側に寝かせたまま、
釣り手は出来るだけ素早く下流へ移動し
ながら、竿の弾力を利用して鮎の疾走を
止めます。

竿を上流へ寝かせるのは、掛かり鮎を
浮かせないようにするためです。

そして、掛かり鮎を徐々に手元まで引き
寄せてタモの中に吊るし込みます。

引き寄せによる取り込みは、野鮎の
大きさや引きの強さに応じて、竿の弾力
を利用して無理なく取り込めるので
糸を切られることが少なくなります。

細い糸に掛かった野鮎が大型の時は、
引き抜きよりも引き寄せのほうが
安全です。

当たりがあったら、竿を上流側に寝かせて
流れがより緩やかな水中の深い所から
浮かせないようにすることです。

理由は、水の流れは水面に近いほど速く
水圧が掛かるので、下流へ押し流されて
しまうからです。

釣り始める前に、取り込む場所を決めて
おくことが大切です。

掛かった野鮎に疾走されて竿を伸ばされて
しまうと、竿とミチイトが一直線となり
竿の弾力が生かされずに糸が切れてしまい
ます。

釣り人は、上流側へ竿先を残したまま
下流へ移動すると、竿を十分にタメることが
出来て、野鮎は自然と岸側に寄ってきます。

この際に、竿を立てすぎると、野鮎が浮いて
表層の強い水流に押されるので、竿は水平に
保ったまま、川底近くを泳がせて引き寄せる
ことです。

引き抜きのやり方

引き抜きは、掛かった野鮎をオトリ
もろともに一気に水面上に引き抜いて
宙を飛ばしてタモで受けるやり方です。

引き抜きでは、引き寄せのように、竿を
上流側へ寝かせないで、掛かり鮎を出来る
だけ早く浮かせるために、直ちに竿を
立てて、早く鮎を浮かせて抜き上げます。

引き抜きのタイミングは、野鮎がまだ
水中に居る時に抜くと糸が切れやすいです
し、水面に出るのを待っていると下流へ
流されやすいので、オトリが浮いて掛かり
鮎の頭か背中が水面に出た瞬間に引き抜く
ことです。

要するに、掛けた野鮎を石裏や岸寄りの
流れの緩やかな所に誘導してから、掛り鮎
が水面へ浮いた時に一気に引き抜きます。

まとめ

1、取り込みの操作には、タメ、ヨセ、
  取り込みの操作があります。

2、引き寄せのやり方は、掛かった鮎が
  疾走する前に、竿を上流側に寝かせた
  まま、釣り手は出来るだけ素早く下流
  へ移動して、掛かり鮎を徐々に手元
  まで引き寄せてタモの中に吊るし込み
  ます。

3、引き抜きは、掛けた野鮎を石裏や
  岸寄りの流れの緩やかな所に誘導して
  、掛かり鮎が水面へ浮いた時に一気に
  引き抜きます。

スポンサーリンク

 - 初級者講座 , ,