引き釣りでの竿の角度、釣り方及び誘い方

      2018/04/08

スポンサーリンク

友釣りでは、オトリ鮎が正確に
ポイントで泳いでいるように操作する
ことが基本になります。

引き釣りとは

引き釣りは、オトリをポイントまで誘導し、
掛からなければ次のポイントに引いて誘導
する釣法です。

この釣り方は、流れの速い瀬のような
ポイントを攻めるには有効です。

オトリが川底に潜っていなければ、野鮎は
追うことはありません。

そこで、オトリが川底に潜っているように
操作する必要があります。

どんなに良い場所にオトリを送り込んでも、
オトリが浮いているようでは野鮎は絶対に
掛かりません。

オトリが水面に浮き上がっていたり、川の
流れの中層を泳いでいるのに気付かないで
釣り続けている釣り人を見かけることが
あります。

引き釣りでの竿の角度

引き釣りは、ザラ瀬、平瀬、早瀬、荒瀬など
の瀬のポイントを釣るのに適した釣法です。

竿の角度は、ベタ竿から水面に対して20度
、30~45度の寝かせ竿など、低い位置で
構えます。

引き釣りでは、オトリを強引に引き回しては
オトリは直ぐに弱ってしまうので注意が必要
です。

オトリに泳ぐ余裕を与えながら引いたり、
竿の角度や動かし方を変えながら操作する
ことが大切です。

流れが速いほど竿は寝かせますし、オトリが
釣り人の位置に近いほど竿を立てます。

また、オトリを泳がせる時の糸の張り加減が
大変重要になります。オトリの遊泳感を常に
感じ取れるような糸の張り加減に保つこと
です。

張りすぎるとオトリが浮きますし、緩め
過ぎると底掛かりしたりエビになりやすく
なります。

引き釣りにおいての竿の角度は、水面に対し
30度前後が目安です。

勿論、流速やオトリの元気さ次第で変わり
ますので、適切な角度に調整しながら
角度を変えます。

流れの緩やかな瀬やオトリの元気が良い
場合は、竿は立て気味にしますし、逆に
流れが速くて弱り気味のオトリであれば、
水平に近いベタ竿にします。

引き釣りの釣り方

引き釣りで瀬を攻めるには、釣り上がりと
釣り下がりがあります。

釣り上がり

引き釣りでは、ヘチ寄りの流れの筋から
釣り始めて、次第に流心へと向かって、
流れの筋を攻めていきます。

引き釣りでは、竿先をぶらさないように
オトリを少しずつ引き上げて行きます。

自分の正面に竿がくる位置か、または
下竿にして自分よりも下手から釣り
始めます。

それから竿を上流へ引き上げて行きます。
オトリを川底に沈めたら、無理に引っ
張らないで10~20センチくらいずつ
上手(かみて)に引き上げて行きます。

流れの緩やかな場所では、オトリは少し
ずつ上流へ泳いで行きます。

その場合は、糸を張りすぎず緩めすぎない
ように、糸のたるみの分だけ竿を上流に
引き上げて、ポイントを上流方向にさか
のぼりながら攻めて行きます。

釣り下がり

上流から下流へ釣り下がる場合は、オトリが
ポイントで安定したら竿を上流側にゆっくり
倒します。

オトリが野鮎の縄張りの中で、しばらく
留まるように操作します。

オトリをポイントに入れて少し待っても、
野鮎の追いがない場合は、竿を上げて
オトリを水面近くまで一旦浮かして、
次に浮き上がったオトリを流れに乗せて
下流へ引き下げます。

竿を上げると、、オトリは流れの抵抗を
受けて流されるので、1メートルほど
下流に流して、再び糸を僅かに緩めて、
オトリが底に潜れるようにしてやります。

オトリが底で安定したら、しばらく当たりを
待ちます。

竿はゆっくりと操作し、流速に合った
角度にします。この操作を繰り返しながら
次のポイントへと釣り下がって行きます。

引き釣りでの誘い方

竿の操作のやり方は、流れの中でオトリを
止めた状態で、一瞬ミチイトを張るか、
ほんの少しだけ上流へ引き上げるかした後
で、フッとミチイトを緩めてやります。

ミチイトを張るか、少しだけ上流へオトリを
引き上げるかするとオトリは引き上げられた
時に流されないように尾ビレを振ります。

このオトリの尾ビレを振る動作が野鮎を
挑発して、野鮎はオトリを追う事に
なります。

まとめ

1、引き釣りとは、オトリをポイントまで
  誘導し、掛からなければ次のポイント
  に引いて誘導する釣法で、流れの速い
  瀬のようなポイントを攻めるには有効
  です。

2、引き釣りでの竿の角度は、ベタ竿から
  水面に対して20度、30~45度の
  寝かせ竿など、低い位置で構えます。

3、引き釣りの釣り方は、釣り上がりと
  釣り下がりがあり、釣り上がりは自分
  よりも下手から釣り始め、竿を上流へ
  引き上げて行きます。

  釣り下がりは、オトリをポイントに
  入れて少し待っても、野鮎の追いが
  ない場合は、竿を上げてオトリを
  水面近くまで一旦浮かして、次に浮き
  上がったオトリを流れに乗せて下流へ
  引き下げます。

3、引き釣りでの誘い方は、流れの中で
  オトリを止めた状態で、一瞬ミチイト
  を張るか、ほんの少しだけ上流へ引き
  上げるかした後で、フッと糸を緩め
  ます。

スポンサーリンク

 - 初級者講座 , ,