鮎玉網(タモ)について

      2016/11/08

タモは、オトリに鼻カンなどの仕掛け
を装着する時や掛かり鮎を取り込む
際に使用します。

また、オトリ缶から生きの良いオトリ
を選び出す時にも必要です。

鮎玉網(タモ)

鮎用のタモには素ダモと袋ダモがあります。

タモの直経が33~40センチで、枠が
軽量合金で出来ているものが多く出回って
います。

また、引き抜きでの取り込みには39~
40センチ枠の大型鮎ダモもあります。

網目の大きさは、1ミリから3.5ミリまで
ありますが、網目が細いほうが、タモの中で
オトリ交換する時に、掛け針が絡まりにくく
なります。

素ダモ

素ダモはナイロン系の網だけで仕上げられて
います。

大きい河川や流勢の強い所に立ち込んで釣る
場合には、流れの抵抗が少なく水切りも良い
素ダモが適しています。

取り込み方によって、大きさや形状を決め
ますが、掛かった鮎をすくい取るには、柄が
上を向いている素ダモが適しています。

また、掛かった鮎を吊り上げて落とし込む
場合には、柄が下を向いている方が良い
です。

掛かった鮎を一気に引き抜いて取り込む
場合には、柄が下を向いた大型の直径が
39~40センチ枠の素ダモが適して
います。

袋ダモ

袋ダモは、上部の4分の3は網にして、
下部の4分の1ほどはナイロン混紡の
生地で袋状にしたものです。

タモの大きさや形状は、釣り場の状態や取り
込み方によって異なりますが、岸から釣る時
や、小さな川、岩場、渇水時など水辺から
離れて釣る時は、袋部分に水を入れてオトリ
や掛かり鮎を運べるので、袋ダモが適して
います。

袋ダモの長所は、使ったオトリをタモの中に
入れて生かしておくことが出来ることです。

掛かった野鮎を取り込んだ後に、袋部分に
川の水を入れて生かしておけば、いちいち
オトリ缶や曳舟に入れに行かなくて
済みます。

ただ、掛けた野鮎を長い時間、袋タモに
入れておくと、野鮎の体のヌメリが布地に
こすられて取れ、弱ってしまうので注意が
必要です。

また、釣り場を移動しながら釣って行く
時も大変便利です。

玉網の扱い方

オトリ交換する時にタモを固定させるには
タモの柄を足の両膝の間に、はさんで固定
したり、石の上に柄を置いて足で押える
方法があります。

また、立ち込み釣りでは、両足を閉じて、
タモの柄を腿(もも)で押える方法が
あります。

まとめ

1、鮎玉網には、素ダモと袋ダモがあり、
  素ダモは流勢の強い所に立ち込んで
  釣る時に適し、袋ダモは岸から釣る
  時や水辺から離れて釣る時に適して
  います。

2、玉網の扱い方はタモの柄を足の両膝
  の間に挟んで固定します。
  立ち込み釣りでは、両足を閉じて、
  タモの柄を腿(もも)で押えます。

スポンサーリンク

 - 友釣りの道具 , ,