鮎掛け針の大きさ、各部の名称及び効果的なハリの使い方

      2018/04/08

近年、掛け針の号数が小型化している
傾向にはありますが、針の大きさは
鮎の大小や追いの具合やポイントに
よって変わります。

掛け針の大きさ

針の小型化の理由の一つは、小さな針を
使用した方が傷も小さく、オトリとして
用いる時に泳ぎが良いからです。

一般的には、浅瀬の場合や鮎の皮膚が硬く
なる後期は5.5~6号の小針を、20
センチ以下の鮎には6~7.5号を、大型の
鮎には7.5~8.5号を、イカリ針には
7~8号の掛け針を使い分けます。

三本イカリ針や四本イカリ針になると、
重くなり底掛かりも多くなりやすくなる
ので、出来る限り、小さな針を用いた
ほうが無難です。

だだ、初期の鮎は小さいので針も小さめの
ものを、と思いがちですが、鮎の皮膚が
軟らかいので針が小さいと身切れして
バラすことになります。

ですから、解禁の当初は、太軸で少し
大きめの掛け針を使うほうが良いです。

なお、盛期後は鮎の警戒心も強くなるので
泳ぎの悪いオトリなど見向きもしなくなり
ます。

そんな場合には、大型の鮎でも、一本針
仕掛けで6~7.5号ぐらいの小さめの
針を使うと掛かることがあります。

立ちが良い悪いとは?

友釣りでは、刺さりが良いハリのことを
「立ちの良いハリ」、掛かりが遅いハリを
「立ちの悪いハリ」と表現されます。

立ちの良いハリ

ハリ立ちの良いハリには、野鮎が追った
時に掛かりが早いという利点がありますが、
反面バレることもあると言う欠点を持ち
合わせています。

このハリ型の代表的なものが、矢島型と
トンボ型です。

立ちの悪いハリ

伊豆袖型や袖型などの丸型系は、掛かりは
遅い欠点はありますが、一旦ハリ掛かり
するとバレにくい利点があります。

フトコロの広い丸型系のハリは、しっかりと
掛かっていれば大型の鮎でもバレることは
ないですが、ハリ立ちが悪い丸型系のハリは
掛かりが浅いことが良くあるので、バレる
こともたまにあります。

効果的なハリの使い方

一般的には、小中型の鮎には角型のハリを、
大型の鮎には丸型を、鮎の大小にかかわらず
中間型と言われて来ました。

しかし、鮎の大きさでハリ型を決めるよりも
釣り場に応じて使い分けるほうが賢明だと
思います。

流れの速い釣り場では、オトリやハリの
動きも活発になるので、どの型でもあまり
変わりませんが流勢のある釣り場では
フトコロの広いハリのほうが安心です。

逆に、流れの緩やかな釣り場では、野鮎の
追いも鈍いので、立ちの良い角型のハリの
ほうが早く掛かります。

掛け針の各部の名称

掛け針の各部の名称はハリ先、曲がり、
フトコロ、腰、軸、耳(チモト)と言い、
ハリで重要な部分はハリ先とフトコロ、
それと強度を支える曲がりと腰にあります。

ハリ先から最初にカーブした付け根を頭、
その下の外側を背、内側を腹、最後の
カーブしたところを腰、さらに軸の
末端を耳(チモト)と呼んでいます。

まとめ

1、掛け針の大きさは、浅瀬の場合5.5
  ~6号の小針を、20センチ以下の
  鮎には6~7.5号を、大型の鮎には
  7.5~8.5を、イカリ針には
  7~8号の掛け針を使い分けます。

2、立ちが良いはりは掛かりが早いが
  バレやすい欠点があり、立ちの悪い
  ハリは掛かりはやや遅いがバレ難い
  です。

3、効果的なハリの使い方は、鮎の大小
  よりも釣り場に応じて使い分ける
  ことです。

4、掛け針の各部の名称は、ハリ先、
  曲がり、フトコロ、腰、軸、耳
 (チモト)で、ハリの重要な部分は
  ハリ先とフトコロ、そして強度を
  支える曲がりと腰です。

スポンサーリンク

 - 初級者講座 , ,