鮎掛け針の性質及び種類

      2018/04/08

スポンサーリンク

友釣りでは、針先が鋭くなければ硬い
ウロコを貫き通し深く刺さり込む事は
出来ません。

針自体が持っている鋭さと角度だけで
鮎の魚体の奥深く刺さり込まねばなり
ません。

ですから、針先が野鮎の体に触れた
だけで突き刺されるほどの鋭利さが
要求されます。

友釣りで使用される針にはカエシを
無くして刺さり易くしてあります。

掛け針の性質

掛け針には針の種類によって、それぞれ
異なった性質があります。

針掛かりは早いがバレやすい針もあれば、
掛かりは遅いが掛かったらバレにくい針も
あります。

また、仕掛けによって三本イカリや四本
イカリに向いた針、二本ヤナギに向く
針もあります。

ハリ先の角度による違い

ハリ先の角度が小さいハリほど掛かり易いが
食い込みが悪いです。即ち、掛かりは早いが
ハリの立ちが浅くなります。

ハリ先の角度が大きいほど食い込みは良いが
針掛かりが少し遅くなります。

しかし、一旦突き刺さったらハリ先が魚体に
深く食い込むことになります。

矢島型よりも新改良トンボ型、長良型よりも
入間型の方が軸が適度に長いので保持が良く
バラシが少ないと言えます。

掛け針の種類

ハリの種類は、角型系、丸型系、
中間型に大別されます。

それぞれのハリには長所と短所があるので
ハリの特徴を知って使い分ける事が大切に
なります。

代表的な角型系のトンボ型、丸型系の伊豆
袖型、中間型の狐型について解説致します。

角型系

トンボ型、矢島型、改良トンボ型、新改良
トンボ型、Gトンボ型などがあります。

 

トンボ型

このハリは細長くて角張っていて、腰曲がり
も先曲がりとも直線的で、ハリ先が鋭い
です。

「立ちが早い」即ち、ハリ先が鮎の魚体に
瞬間的に食い込むので掛かりが早い利点が
あります。

掛かりは抜群に良いですが、タメが効かずに
バレやすいです。

更に、大型の鮎には身切れが多くなりがちで
折られやすい欠点もあります。

丸型系

伊豆袖型、丸型、伊豆型、袖型、阿部型、
長良型などがあります。

 

伊豆袖型

このハリは軸以外は全て曲線で、ハリ先が
わずかに内側を向いています。

ハリ先の向きが開いているので、魚体に深く
刺さるためにバラしが少ない特徴があります。

ただ、ハリ先が瞬時に深く刺さると言う点
では、トンボ型には劣ります。

小型の鮎には傷が深くなる欠点もあります。

中間型

狐型、トロ場型、入間型、藁科型などが
あります。

 

狐型

このハリはトンボ型や矢島型の欠点を補って
いて、角が丸くなっているので取り込む際
にも身切れが少なくなります。

ハリ先が、やや内側へ向いているために、
掛かりは幾らか遅いですが刺さりが幾分か
深くなり、バラシが少ないです。

まとめ

1、掛け針の性質は、掛かりは早いが
  バレやすい針、掛かりは遅いがバレ
  にくい針などがあります。

2、ハリ先の角度による違いは、ハリ先の
  角度が小さいほど掛かり易いがバレ易く
  、ハリ先の角度が大きいほどバレ難いが
  針掛かりが少し遅くなります。

3、掛け針の種類は、角型系、丸型系、
  中間型に大別されます。

  角型系のトンボ型は掛かりは抜群に
  良いが、バレやすいです。

  丸型系の伊豆袖型はハリ先の向きが
  開いているので、魚体に深く刺さる
  ためにバラしが少ないです。

  中間型の狐型は掛かりは幾らか遅いが
  刺さりが幾分か深くなり、バラシが
  少ないです。

スポンサーリンク

 - 初級者講座 , ,