ころがし釣りのやり方及びポイント

      2018/04/08

スポンサーリンク

ころがし釣りは漁師の釣法として発達
したものが、アマチュアの間にも普及
した釣りです。

ころがし釣りとは

ころがし釣りは、オモリを付けた
ハリ仕掛けを川底を転がして、鮎を
引っ掛けて釣る釣法です。

ギャング釣りと言われて、釣り人達から
敬遠されるのは、川底を引っ掻き回して、
鮎ばかりでなく、川底を泳ぐ魚は何でも
引っ掛ける強引な釣りであるからです。

元来は、河口近くの漁場で、秋の瀬付き
鮎を捕獲するために始められた釣法です
ので、落ち鮎の頃でなければやらなかった
ものでした。

戦後は、一部の河川を除いては、友釣りの
オトリを捕るために利用されていた程度
でした。

ころがし釣りの釣期は、解禁初期から禁漁
まで、全期間を通して釣れますが、河川に
よってはころがし釣りの規則があるので、
注意が必要です。

ころがし釣りのやり方

まず、川の中にたちこんで、川の流れに
背を向けます。

次に、竿を立てて振り子の要領で、立てた
竿を、自分の後方に振って、竿を対岸に
向かって、はねるように反動を付けて、
対岸いっぱいに振り込み、オモリが川底に
着かないうちに、素早く引きます。

この際、オモリが川底の石にゴトゴトと
当たるような速度で引くと、仕掛けが
底掛かりするばかりでなく、針先が
底石に当たって、針先が痛みます。

ひと引きする間に、オモリが4~5回
程度、川底の石に当たるような速度で
引くことです。

引き終わったら、再度振り込んで、次第に
下流へ釣り下がって行きます。竿を振り
込んでは引くを繰り返しながら釣って
いきます。

この釣りは慣れないと、底掛かりが多く
なりますし、針先が痛みやすいので、4
~5回引いたら針先を確認して、針先が
鈍くなったものはヤスリで研ぐか、交換
することが必要になります。

また、一定の速度で引いても、オモリが
重過ぎると、底石に当たる回数が多くなり、
逆に軽すぎると底石に当たらないという
ことになるので、オモリを適切に選ぶこと
が重要になります。

引き方で注意することは、ミチイトを
緩めると根掛かりしやすいので、絶対に
ミチイトを緩めないことです。

ころがし釣りは、全期を通して釣れます
が、渇水期には釣れにくくなりますし、
渇水期は日中よりも朝夕の時間の方が
掛かります。

最も良く釣れるのは、雨の後に水量が
増えて、まだ少し濁りがあるような時
です。

ころがし釣りのポイント

この釣りでは流速のある瀬などは、どこ
でもポイントになります。

荒瀬、平瀬、急瀬、ザラ瀬などの底石の
大きさがわりと揃っている所は格好の
ポイントになります。

しかし、川底の石が大小混じりで、
起伏が激しい所はころがし釣りには
向きませんし、ポイントになりません。

川底の起伏が多い所は、縦引き
(ガックリ)では良く釣れますし、
好ポイントになります。

まとめ

1、ころがし釣りとは、オモリを付けた
  ハリ仕掛けを川底を転がして、鮎を
  引っ掛けて釣る釣法です。

2、ころがし釣りのやり方は、竿を
  立て、立てた竿を、自分の後方に
  振って、竿を対岸に向かって、
  はねるように反動を付けて、対岸
  いっぱいに振り込み、オモリが
  川底に着かないうちに、素早く引き
  ます。

3、ころがし釣りのポイントは、流速の
  ある瀬などは、どこでも良いですが、
  特に、荒瀬、平瀬、急瀬、ザラ瀬
  などの底石の大きさが割りと揃って
  いる所になります。

スポンサーリンク

 - 掛け釣り , ,