ドブ竿の操作のやり方及び取り込み方

      2018/04/08

ドブ釣りの操作で、一番重要なのは上げ
操作です。理由は、下げ操作中でも鮎は
毛針を追いますが、上げ操作中に、鮎が
最も多く釣れるからです。

どぶ竿の操作のやり方

早朝などで釣り場が混んでいない時は、
出来るだけ岸に近い場所から釣り始める
ようにします。

短い竹竿で釣る場合

岸に近い、駆け上がりから釣るように
します。竿が短い分、それだけ取り込みが
楽になります。

川底の状態が、どんなになっているのか、
竿先で感じ取らねばなりません。

底に石があれば、重りを降ろした時に、
こつんこつんと手元に響いてきます。

しかし、砂地の時は、その反応があり
ません。砂底の場合は、竿を継ぎ足すか、
より長い竿を使って沖を探ります。

長い竹竿で釣る場合

竿が可なりの重さになり、操作が難しく
なりますが、竿先を震わせないように
しないと、まったく釣れないことが
あります。

竿先を震わせないようにするには、竿尻を
腰に当てて、両手で竿を保持しながら操作
することです。

または、竿尻を片方の脇の下にはさんで、
一方の手を肘(ひじ)から直角に曲げて、
下から支えると安定します。

姿勢は、わずかに身体を上流に向けて、
右足を斜め前方に出して、重心をかけて、
竿を送り出します。

座って釣る方法

平らな石の上などに尻を乗せて、足の
膝関節に右肘を乗せ、腕は垂直に立てて、
手のひらに竿を乗せ、左手で竿の上下操作
をします。

立ったままで釣る方法

竿尻を脇の下にかかえて、もう一方の腕は
肘関節までを身体にぴったりと当てて固定し
、肘関節から手のひらまでは、出来るだけ、
折って垂直になるようにして竿を持って、
竿の上下操作をします。

取り込み方

鮎が釣れた時は、小さい鮎は直ぐに取り込ん
でも良いですが、大きい鮎の場合はハリスを
切られないように、竿をたてて、引きが弱る
のを待ちます。

この時、鮎は川底に向けて逃げようとします
が、鮎の頭が底石などに当たると、バレて
しまいます。

そこで、竿先は水面よりも30~40センチ
上にあるように保持して待ちます。

ある程度、鮎が弱まったら取り込みにかかり
ます。

竿を震動させないように、しっかりと竿を
持って、目は竿先を見ながら、竿尻を脇の
下にかかえ込みます。

竿をしっかりとかかえて、空いた手の方を
前方に送ります。これを繰り返しながら、
一本ずつ竿を抜いて、竿立てにかけます。

ただ、淵釣りのように、後ろが崖のような、
狭くて、竿を後方に送り込めない所では、
一本ずつ竿を抜きますが、後方が広い場合
は、二本ずつ抜きます。

道糸を竿の長さが同じくらいになるところ
まで抜いたら、竿を立てて、取り込みに
かかります。

小、中型の鮎は、流れの緩やかなところへ
引き寄せてそのまま抜き上げます。

大型の場合は、トロ場に引き寄せてタマで
すくい上げます。

まとめ

1、どぶ竿の操作のやり方には、短い竹竿で
  釣る場合と長い竹竿で釣る場合があり、
  また、座って釣る方法と立ったままで
  釣る方法があります。

2、取り込み方は、小、中型の鮎は流れの
  緩やかなところへ引き寄せてそのまま
  抜き上げ、大型の場合はトロ場に引き
  寄せてタマですくい上げます。

スポンサーリンク

 - 毛針釣り , ,