ハリス仕掛けの種類と特徴について考察しました!

      2016/11/12

スポンサーリンク

ハリス仕掛けには、一本針、二本針、
三本針、四本針などがあります。

友釣りにおける標準的なハリス仕掛け
としては、目通し仕掛けの場合、
ハリス付き掛け針のみで、その他の
仕掛けでは、掛け針と逆針によって
成り立っています。

掛け針と逆針

掛け針は野鮎の身体に掛かる針で、逆針は
オトリの身体に止めておく針です。

野鮎は、オトリ鮎の腹部を目掛けて体当たり
して来て、後方に反転するので、鼻かん
仕掛けなどの場合は、逆針と掛け針との
間隔が適切であれば、掛かる確率が上がり
ます。

目通し仕掛けの場合は、尾ひれの先端と
掛け針との間隔が重要になります。

一本針仕掛け

針とハリスの均衡が大切で、針が重過ぎると
、底掛かりしやすくなります。

ハリスが太すぎると、仕掛けが野鮎に絡み
付きにくくなります。ハリスは軟らかい
方が良いです。

一本針仕掛けでは、振り下げる先針がない
ので、二本針仕掛けよりも、針の刺さりは
少しだけ遅くなり、野鮎の追う速度に間に
合わないと、抜けてしまい掛からないことも
あります。

この仕掛けでは、針が一本であるために、
二本針仕掛けよりも掛け針のふらつきが
あり、常に下向きであるべき掛け針が少し
安定感に欠けます。

二本針仕掛け

二本針仕掛けは、ハリス仕掛けの先針と
元針が同じ方向に針先が向いている
仕掛けです。

三本針に比べて軽いので、流れの中では
三本針よりも上層に浮いていることに
なります。

掛け針の位置が上にあれば、追う鮎は
ハリスの下を通る場合が多くなるために
背掛かりが多くなります。

二本針仕掛けの針が重過ぎると、当然、
底掛かりも多くなります。

その重くなった掛け針を浮かすためには、
流れの抵抗をより受ける太いハリスを
用いらなければならなくなります。

ですから、針の大きさとハリスの太さの
均衡が重要になります。

この仕掛けでは、先針が重りの代わりと
なり、野鮎の背にハリスが当たった時に、
掛け針をはじき飛ばされることも
ありません。

この仕掛けでは、元針より先針を少し
小さくします。

三本針(三本イカリ)仕掛け

掛かりは良いですが、掛け針が重くなる
ために底掛かりが多くなると言われています
が、目通し仕掛けの場合は、オトリの泳ぎが
良いので、まず底掛かりはありません。

この仕掛けの場合は、掛け針が腹部のような
軟らかい部分に直角に当たると、二本の針が
野鮎の腹部に食い込んで、傷が大きくなる
欠点があります。

この仕掛けでは、ハリスが常に下がり気味
なので、野鮎の身体に触れるのが早くなり、
はじかれることも少なくなります。

どの角度でも、すぐに針が立つので掛かりは
良いですが、針が重いために、オトリ鮎が
弱って尾ビレを振らなくなると、底掛かりに
なりやすいです。

元気なでオトリあれば、尾ひれを休みなく
振るので、底掛かりもなくなります。

四本針(四本イカリ)仕掛け

どの方向から野鮎が追って来ても、針先に
死角がないので、必ず野鮎の魚体に触れる
ことになります。

掛かりは、他のハリス仕掛けに比べて、一番
早く、取り込む際にばれることがほとんど
ありません。

しかし、掛け針が重いので、底掛かりが
多くなるので、針の大きさを小さくして、
欠点を補うことです。

針の大きさの目安

針の大きさは、鮎の大きさによって変わり
ますが、目安として、22~23までの
鮎には7.5号、24~25センチ以上の
鮎には8.0~9.0号の針を使うのが
一般的です。

ただ、やなぎ針や一本針の場合は、0.5号
大きな針を使った方がいいです。

まとめ

1、掛け針と逆針は、掛け針が野鮎の身体に
  掛かる針で、逆針はオトリの身体に
  止めておく針です。

2、一本針仕掛は、振り下げる先針がない
  ので、針の刺さりは少しだけ遅くなり、
  野鮎の追う速度に間合わないと、抜けて
  しまい掛からないこともあります。

3、二本針仕掛けは、先針が重りの代わりと
  なり、野鮎の背にハリスが当たった時に
  、掛け針がはじき飛ばされることも
  ないです。

4、三本針仕掛けは、ハリスが常に下がり
  気味なので、野鮎の身体に触れるのが
  早くなり、はじかれることも少なく
  なります。

5、四本針仕掛けは、針先に死角がない
  ので、必ず野鮎の魚体に触れることに
  なります。

6、針の大きさの目安は22~23までの
  鮎には7.5号、24~25センチ
  以上の鮎には8.0~9.0号の針を
  使うのが一般的です。

スポンサーリンク

 - 友釣り , ,