友釣り竿を選ぶ時に、最低限知っておきたい事

      2016/11/12

スポンサーリンク

友釣りにおいては、竿の調子によって
オトリ鮎の動きに差異が生じます。

竿の調子は、大別すると、竿の穂先の
方に弾力を持たせた先調子と、竿の
中央付近に弾力を持たせた胴調子が
あります。

先調子の8.2調子、7.3調子を硬調子、
胴調子の5.5調子を軟調子又は本調子
と呼ばれたりもします。

先調子の特徴

先調子の中でも、竿の全長を10等分して、
穂先から3分目ぐらいに弾力を持たせた
ものを7.3調子と言います。

8.2調子は、穂先から2分目ぐらいに弾力を
持たせたものです。

先調子の竿の方が、オトリ鮎の動きや、
野鮎の掛かる瞬間が、胴調子より、鮮明に
手元に伝わって来ます。

しかし、先調子の竿は反発力が強いので、
オトリ鮎が早く弱る欠点があります。

一般的には、先調子の7.3調子の竿がオトリ
鮎の送り込みがしやすいですし、オトリを
操作するのも容易です。

また、多少の風であおられることが少ない
です。ただ、先調子は持ち重みがします。

重心が手前にあればあるほど、持ち重みが
しないですし、軽く感じられて扱いやすい
です。

胴調子の特徴

胴調子の竿は風にあおられやすく、オトリの
操作がややしにくい点があります。

胴調子の竿は、竿全体が軟らかいのでオトリ
鮎の動きに合わせて、竿自体が屈伸するため
、先調子の竿に比べて、オトリの負担は
軽くなり、オトリの弱りも遅くなるので
長持ちする利点があります。

野鮎が掛かっても竿の弾力で野鮎の引きを
弱めるために、ハリス切れが少なくなり、
また、バラしも少なくなります。

ただ、鮎の猛烈な引きを楽しむには、
先調子よりも胴調子が向いています。

竿の選び方

基本的には、釣り場に応じて、竿の長さを
決めますが、大きな河川でも、ザラ瀬の
多い河川では8メートルもあれば十分
です。

小さな河川で釣る時は7.2メートルの短い
竿で良いです。

しかし、瀬の底石が小さく10~20センチ
、大きくても精々30センチの石ばかりで
敷詰まっている所で釣る場合は鮎の警戒心が
強いので、例え、川幅が狭くても出来るだけ
長い竿を用いる必要があります。

大きな河川では、長いほど有利ですし、9~
10メートルの竿が必要な場合もあります。

竿の長さの標準は9メートルです。

友釣りでは長い時間、竿を持っていることが
多いので、操作がしやすく、自分の体力に
合ったものを選ぶことが肝心です。出来る
だけ、軽いことです。

細くて軟らかな穂先の方が、オトリの弱りは
遅いですが、オトリの動きが手元に伝わり
難いです。

友釣りでは、常にオトリの動きを的確に把握
しておかねばならないので、可能な限り、
穂先を太くて硬めのものが、オトリの
遊泳感が伝わって来やすくなります。

まとめ

1、先調子の特徴は、オトリ鮎の動きや、
  野鮎の掛かる瞬間が胴調子より鮮明に
  手元に伝わって来ますが、反発力が
  強いので、オトリ鮎が早く弱る欠点が
  あります。

2、胴調子の特徴は、オトリの動きに
  合わせて、竿自体が屈伸するため、
  オトリの負担は軽くなります。また
  ハリス切れやバラしも少なくなり
  ます。

3、竿の選び方は、操作がしやすく自分の
  体力に合ったものを選ぶことです。

スポンサーリンク

 - 友釣り , ,