掛け釣りの一種のしゃくり釣りについて

      2016/11/22

スポンサーリンク

この釣り方は、大きな石が多くて、コロ
ガシ釣りでは釣ることが出来ないような
場所を釣る方法です。

シャクリ釣りとは

地方によっては、ガックリ、サクリ、
グイトとも呼ばれています。

大きな石がゴロゴロしていて、コロガシ
釣りでは釣れないような所を釣る方法
ですが、仕掛けはコロガシ仕掛けと
ほとんど同じです。

荒瀬のような場所でも釣れるので大型
鮎の引きが味わえます。

また、静かに釣る方法なので、他の野鮎を
驚かさずに釣れます。。

シャクリ釣りに必要な用具

シャクリ釣りには、次のように用具が
必要です。

竿

7.3調子の5.4~7.2メートルほど
が釣り易いです。コロガシサオで代用
出来ます。

オモリ

ソロバン型や丸型オモリよりも
、水切りが良いので、ナツメ型オモリを
使用します。

ミチイト

1.5~2号を使います。
ミチイトの下端にタル型ヨリモドシを
付けると、ミチイトの撚りを防ぐことが
出来ます。

サキイト

仕掛けやオモリが根掛かり
した時に切るために、ミチイトよりも
少し細い1.0~1.5号を使います。

仕掛けとハリ仕掛けの種類

コロガシ仕掛けと、ほぼ同じで良いですが、
石の多い所を釣るので、ハリとハリの間隔
を少し狭くします。長い仕掛けだと、
根掛かりしやすくなります。

仕掛けには、三種類ありますが、単バリ
仕掛け、チョウバリじかづけ、
チョウバリ仕掛けです。

単バリ仕掛けは、単バリ7~10本を、
1.5~2メートルのハリスにじかづけに
結びます。

チョウバリじかづけは、チョウバリを5
~7本、1.5メートルのハリスに
じかづけをして、一番上と下に単バリを
結びます。

ハリスの一番下に割りビシオモリを付ける
と、仕掛けをシャクった時に方向が定まる
ので、付けた方が効果があります。

チョウバリ仕掛けは、枝素(エダス)を
出して、掛け針の踊りを良くします。

シャクリ釣りの釣り方

サオ先を上流へシャクって釣りますが、
シャクリ方には、三つのやり方があります。

縦シャクリ

鮎が居そうなポイントの下流に、仕掛けを
静かに投入します。オモリが川底に着くと、
コツンと手元に伝わりますのでミチイトは
ゆるめずに、30~40センチ、サオを
上流に向けて軽く斜め上方へ引きます。

初心者は、強く引いた方が掛かり易いと
思いがちですが、かえって掛かる確率は
悪くなります。

垂直シャクリ

仕掛けを垂直にシャクル釣り方です。
大きな淵や落ち込みなどを釣るのに
適しています。

他のシャクリ釣りの場合は、ハリスの上、
約30センチの所にオモリを付けますが、
この仕掛けでは、上にオモリを付けずに、
一番下にナス型か丸型オモリを付けます。

釣り方は、オモリが底に着いたら、3~
5秒ほど待って、水深の7~8割近く
まで、サオを軽く上に上げます。

この場合も、強く上げないで、軽く
上げることです。掛からなかった時は、
再度、仕掛けを静かに底まで降ろします。

急に降ろすと、仕掛けがもつれるので
注意して下さい。

仕掛けが底に着いたら、3~5秒待って、
サオを上に上げます。

横シャクリ

二つのやり方があります。

一つのやり方は、岸に立って、下流へ
仕掛けを静かに投入して、オモリが底に
着いたら、ミチイトがたるまないように
して、2~3秒待った後に上流へ向けて
サオを50~100センチほど軽く
シャクリ上げます。

掛からない時は、再度、仕掛けを最初の所
よりも、少し上流に投入します。このよう
にして、ゆっくり上流へ上流へとシャク
って行きます。

もう一つのやり方は、流れの中に立ち
込んで、体を下流へ向けて立ちます。

ポイントより少し離れた所に仕掛けを
投入して、オモリが底に着いたら、
ミチイトを張ったまま、オモリを
転がさないようにして、3秒ほど
待ちます。

次に、横方向にサオを50~100センチ
ほど引きます。掛からない時は、そこで
仕掛けを再び底に降ろして3秒ほど待って
、横に引きます。

まとめ

1、シャクリ釣りとは、大きな石がゴロ
  ゴロしていて、コロガシ釣りでは
  釣れないような所を釣る方法です

2、シャクリ釣りに必要な用具には、竿、
  オモリ、ミチイト、サキイト、ハリ
  仕掛けがあります。

3、シャクリ釣りの釣り方は、サオ先を
  シャクって釣りますが、シャクリ方
  には、縦シャクリ、垂直シャクリ、
  横シャクリの三つのやり方があります。

スポンサーリンク

 - 掛け釣り , ,