ドブ釣りにおける釣り場の水深の測り方と操作の仕方

      2018/04/08

竿に仕掛けを取り付けたら、まず、どれほど
の水深があるかを測ります。

釣り場の水深の測り方

まず、毛バリを付けずにオモリだけを付けて、
オモリが川底に着くまで降ろして、水深を
測り、一番深い所で調節器が水面から
約15センチほど上にあるようにミチイトを
調節します。

次に、下バリを付けますが、毛バリがもつれ
ないように、水面に静かに落としてオモリが
底に着くまで降ろして行きます。

そのようにして、釣る場所の流速や深さを
考慮して、ミチイトの長さやオモリの号数を
決めます。

ドブ釣りの操作の仕方

ドブ釣りの仕掛けを操作している時に、最も
良く釣れるのは上げ操作中です。ですから、
上げ操作が一番重要となります。

勿論、下げ操作中でも、鮎は毛バリを追って
食い付きますが、魚信が微(かす)かなので
、初心者には全く感じられないと思います。

上げ操作中の魚信は、誰でも分かるほど強い
手応えがあります。

まず、オモリを下げ始めて、オモリが底石に
着いたら、3秒くらいそのままの状態で、
サオを止めたままにしておきます。

そうすると、オモリよりも遅れて下降して
来た毛バリが底石に着きます。

それから、毛バリを上昇させ始めますが、
毛バリを水生昆虫らしく見せるために
速度に変化を付けます。

川底の石に着いた毛バリが、石から離れて
上昇して行くように、まず、ゆっくりと
上げて少しずつ速度を速め、深さの中間
ほどまで来たら、今度は、少しずつ速度を
下げます。

例えば、水深1メートルの所で釣っている
場合は、川底の石に着いた毛バリをゆっく
りと上げ、それから50センチほどまでは
速度を速めます。次に、50センチ過ぎた
頃から徐々に速度を下げながら上げていき
ます。

オモリが川底に着いた時に、ミチイトを
絶対にたるませない事です。たるませると、
石と石との間にオモリが落ちて底掛かり
してしまいます。

1メートルの所では2~3回、2メートル
の所では4~5回、この同じ操作を繰り
返します。

縄張り鮎は、毛バリが石から離れて上昇し
始める付近で釣れます。遊び鮎は中層でも
上層でも釣れます。

移動操作のやり方

釣り方は、手前から次第に沖へ釣って
行きます。

仕掛けを、流れの上手に入れて、上下操作を
しながら、下流へ扇型に送り込んで移動させ
ます。

この操作をするときは、どんな場合でも、
絶対にミチイトをたるませないように
注意して下さい。

短いサオで釣れるような50~60センチ程
の浅場や手前から急に深くなっている所では
、ミチイトがサオと同じ長さの方が釣り易い
場合もあります。

竿を操作している時は、竿先をふるわせない
ようにしなくてはいけません。オモリがふる
えたり、毛バリが変な動きになると、絶対に
鮎は釣れません。

重要なことは、釣る場所や流れの速さに応じ
て、オモリの重さや、ミチイトの長さを
適切に使い分けることです。

まとめ

1、釣り場の水深の測り方は、オモリだけを
  付けて、オモリが川底に着くまで降ろし
  、水深を測り、一番深い所で調節器が
  水面から約15センチほど上にあるよう
  にミチイトを調節します。

  次に、下バリを付けて、オモリが底に
  着くまで降ろします。

  そして、ミチイトの長さやオモリの
  号数を決めます。

2、ドブ釣りの操作の仕方は、オモリを
  下げて、川底に着いたら、3秒くらい
  サオを止めたままにしておきます。

  それから、毛バリを上昇させ始めます
  が、、ゆっくりと上げて少しずつ速度
  を速め、深さの中間ほどまで来たら、
  今度は、少しずつ速度を下げます。

3、移動操作のやり方は、仕掛けを流れの
  上手に入れて、上下操作をしながら、
  下流へ扇型に送り込んで移動させます。

スポンサーリンク

 - 毛針釣り , ,