コロガシ釣りの竿の振り込み方及び竿の操作法

      2018/04/08

スポンサーリンク

コロガシ釣りの竿の振り込み方には、
二通りの方法がありますが、両方の
やり方を解説したいと思います。、

竿の振り込み方

この二通りの方法は、東京式と
棒振り式です。

東京式

熊本でも同じやり方で振り込みますが、
この方法は、鮎を驚かさないように、
静かに、仕掛けを振り込むやり方です。

振り子の要領で、立てた竿を、自分の
後方に振って、次に、竿を対岸に
向かって、はねるように反動を付け、
倒すように振り込みます。

そうすると、ミチイトが伸びきった
ところで、オモリが水面に落下して、
ハリ仕掛けもオモリに続いて川底に
沈んでいきます。

この際、オモリが水面から30~40
センチのところをすべるように飛ばすと、
水面に落下した時に、僅かな音しか立て
ないので、近くに居る鮎でも驚くことは
ありません。

仕掛けを投入する位置は、自分が立って
いる真向いよりも、余りに上流や下流
すぎると底掛かりしやすいので上流側、
下流側に各3~4メートル以内にすると
良いです

ただ、逆引きと言って、自分が立って
いる位置の10メートル以上も上流に
振り込んで引くやり方もありますが、
これは、よほど慣れないと、底掛かり
ばかりして、全く釣りになりません。

棒振り式

竿を回すようにして振り込むやり方で、
振り込みが簡単なので、多くの所で
行われている方法です。

ただ、この方法では、オモリが水面に
落ちる時に、可なりの音がしますので、
近くに居る鮎が驚いて逃げます。

オモリが水面に落ちたら、直ぐにコロ
ガシ始めないと、底掛かりしますし、
ミチイトが伸びきったまま底掛かりした
時は、ミチイトを切らねばならなく
なります。

仕掛けの底掛かりには、オモリが石の間に
挟まった場合と、ハリが石、切れた仕掛け、
その他の障害物に引っかかる場合です。

オモリが石の間に、はさまった時は、ミチ
イトをゆるめずに竿を下流側に返すか、
又は、竿を少し下して上げると大抵は外れ
ます。

外れない時に、直ぐに切ってしまうと、
次から次に、その切られた仕掛けに、
さらに仕掛けがひっかかってしまうので、
出来る限り、切らずに、はいって行って
はずすことです。

オモリについて

オモリは仕掛けを遠くに振り込んで、川底
に沈めるためのものです。

流れの緩やかな所や浅場では、玉(丸型)
オモリの1~2号を使います。

玉オモリよりもソロバン型オモリの方が、
水面に当たる面が少ないので早く沈みます。

ですから、玉オモリの3号の時は、ソロ
バンオモリの2号で良いです。

オモリが重過ぎると、底掛かりが多くなり
ます。逆に、軽すぎると、中層に浮いて
しまうために掛かりません。

オモリが川底をゴロゴロと転がるような時
は、重過ぎるからです。反対に、全く底石
に当たらないようでは、軽すぎます。

適当な重さは、1回引く間に、オモリが
底石に3~4回くらい当たる程度です。

竿の操作

仕掛けを振り込んで、1回引く間に、1~
2回しか底石に当たらない場合には、少し
ゆっくり引いてやれば良いです。

底石に当たる数が多い場合は、重過ぎる訳
ですから、速く引くことで対処出来ます。

コロガシ釣りは、釣れている間は、同じ
場所で釣りますが、一歩一歩、下流へ
釣り下がるのが一般的なやり方です。

しかし、釣れるたびに、付近に居る鮎は、
異常に気づいて移動するので、釣り人が
少なくて広い川では、一つの瀬を一歩ずつ
下流へ釣り下がって行きます。

まとめ

1、竿の振り込み方には、二通りあり、
  東京式は鮎を驚かさないように静かに
  仕掛けを振り込むやり方です。

  棒振り式は、竿を回すようにして
  振り込むやり方です。

2、オモリについては、玉オモリよりも
  ソロバン型オモリの方が、水面に
  当たる面が少ないので早く沈みます。

3、竿の操作は、1回引く間に、オモリ
  が底石に3~4回くらい当たる程度
  の速さで引きます。

スポンサーリンク

 - 掛け釣り , ,