ドブ釣りについて、及びドブ釣りに必要な用具

      2018/04/08

スポンサーリンク

鮎のドブ釣りは、古くは土佐や金沢で発達
したもので、主に小鮎が釣りの対象となり
ます。

ドブ釣りとは

水深が1メートル以上ある淀や淵のところを
ドブ」と言います。そのような場所で釣る
ので、「ドブ釣り」と呼ばれます。

また、重いオモリで毛針を沈めて釣るので
沈め釣り」とも言われます。

毛針つりは、多くの河川では、鮎釣りの
解禁と同時に始まります。

この毛針釣りが考案されたのは江戸時代だと
言われています。

鮎が毛針を食うのは、鮎の食性によるもの
です。

稚魚期にはワムシなどの動物性プランクトン
を食べて育ち、春に川を遡上する頃は川虫
などの水中昆虫を食べているので、その味を
覚えていて、水中昆虫に似ている毛針を食う
のだと言われています。

ですから、毛針は水中昆虫を真似て作られて
います。

釣る際には、川虫などが浮上するような操作
をすると良く釣れます。

ドブ釣りに必要な用具

毛針は、美術工芸品と言われるほどの出来
栄えですし、その他のドブ釣り用具も大変
凝ったものが作られています。

竿

ドブ釣りに使用する竿は、自分の体力に
合ったものを選ぶことです。

竿先の真下を釣るので、広い範囲や遠い
ポイントを攻めるには、長い竿が必要と
なります。

昭和50年代までは、7.2メートルの竹竿
が主流で、5.4メートルから8.5メート
ルくらいまで作られていました。

魚信を重視する場合は、竹製の竿が良いです
が、長時間、釣る場合は、軽いカーボン製の
竿に限ります。

竹竿の場合は、取り込みの際に、手元から
順に竿を抜かねばならないですが、カーボン
製はズームになっているので大変便利です。

11、12メートルのカーボン製のサオも
市販されていますが、10メートルのサオが
取り扱い易く、取り込みもしやすいです。

6.5~7.0メートルの渓流ザオや8~
10メートルの鮎の友釣りザオでも代用
出来ます。

操作をしやすいのは先調子の硬調竿ですが、
大型の鮎が掛かった時は、少し胴調子の竿の
方が釣り落としが少なくなります。

竿掛け

ズームになっているカーボン製の竿を使用
する場合は、竿掛けは必要ありません。

竹竿で釣る際に、取り込む時に、抜いた竿を
立て掛けるための用具で、掛ける部分が二つ
あり、そのうちのラセンになったところに
ビク(魚篭)をぶら下げます。

竿掛けの下の部分には、石突きが付いている
ので、一度挿し込んだら、近くにある石で
倒れないように積み重ねて置きます。

ビク(魚篭)

鮎が飛び出さないように、深く沈めないこと
です。飛び出すのを防ぐために、輪ゴムを
はめて、入れ口を狭くしておくと良いです。

タモ(玉網)

小型の鮎の場合は、タモがなくても構いませ
んが、特に大型の鮎が釣れた時に必要です。

毛針ケース

スムシによって毛バリの毛を食べられない
ように、毛バリは桐製やヒノキ製の毛針
ケースにいれて置きます。

ケースの中には防虫剤を忘れずに入れる
ことです。

クスノキ製の毛針ケースだと、防虫剤は必要
ないです。しかし、クスノキ製でも古くなる
と、防虫剤を入れないとスムシに毛バリの
毛を食べられることがあります。

釣り場で、一度使った毛バリは、ぬれたまま
だとハリ先がさびるので、かわかしてから
毛針ケースに収めます。

仕掛け巻き

毛バリを痛めないように、コルク製の仕掛け
巻きが市販されています。

ドブ釣り仕掛けの作り方

竿先には、スナップ付きヨリモドシ、又は、
回転リリアンを付けていると、竿先に糸が
絡みつくことがなくなりますし、仕掛けの
撚りが取れるので便利です。

長さ10センチの1号の糸の上先にスナップ
付きヨリモドシを結びつけ、その下に糸を
巻いて長さを調節するための調節器を
付けます。

調節器にミチイトを巻いておき、川の深さに
応じて調節します。ミチイトを調節したら、
ゴム管で止めます。

次に、1号のミチイト4~5メートルを
調節器に巻き込んで、長さを調節します。

ミチイトに0.8号のサキイトを約1メー
トル結んで、自動ハリス止め型のテンピンを
付けます。

一番下に0.4号の捨て糸でオモリ3~5号
を付けます。

テンピンの上の20センチほどのところに、
5~6センチの枝バリを付けることも
あります。

サキイトの途中に、2~3カ所チチワを
作っておき、それに枝バリを付ける方法も
あります。

追い気が弱くて友釣りでは、釣りにくい群れ
鮎でも毛バリには反応して、良く釣れること
があります。

まとめ

1、ドブ釣りは、水深が1メートル以上
  ある淀や淵のような場所で釣ります。

2、ドブ釣りに必要な用具は、竿、竿掛け
  、ビク、タモ、毛針ケース、仕掛け
  巻きなどです。

3、ドブ釣り仕掛けの作り方は、竿先に
  ヨリモドシを付けて、長さ10センチ
  の1号の糸の上先にスナップ付き
  ヨリモドシを結び、その下に調節器を
  付けます。

  次に、1号のミチイト4~5メートル
  を調節器に巻き込んで、長さを調節し
  ます。

  更に、ミチイトに0.8号のサキイト
  を約1メートル結んで、自動ハリス
  止め型のテンピンを付けます。

  最後に、一番下に0.4号の捨て糸
  でオモリ3~5号を付けます。

スポンサーリンク

 - 毛針釣り , ,