鮎釣りの全体像 

      2018/01/18

スポンサーリンク

釣りの名前は、一般的には、釣る対象の魚の
名前で付けられていることがほとんどです。

例えば、鮒釣り、鯛釣り、イカ釣りなど
です。

鮎釣りとは、友釣り、毛針釣り、エサ釣り、
掛け釣りなどを総称した呼び名です。

川に居る野鮎を、その野鮎と同族のオトリ鮎
を使って釣るので、鮎釣りとは言わずに、
友釣り」と言います。

鮎を釣るには、次のような方法があります。

友釣り

鮎は、川底の石に付いている珪藻やラン藻
などの石アカを食糧にしています。

鮎はエサ場を確保するために、約一平方
メートルほどの縄張りを作ります。

鮎には、同じ仲間の鮎ばかりでなく、種族の
違う魚に対しても、縄張りの圏内にはいって
くると、猛然と追い払ってしまう強い闘争性
があります。

その追い払う攻撃は非常に執拗で、侵入した
野鮎が自分の縄張りから出て行くまで、何度
でも繰り返します。

この鮎の闘争性を利用した釣りが「友釣り
です。

オトリ鮎に掛け針を付けて、オトリを野鮎の
縄張りの中に侵入させて釣ります。

毛針釣り

毛針釣りは、ドブ釣りとも言われますが、
毛針釣りの代表的な釣りがドブ釣りです。

ドブ釣りは、江戸時代に始まったと言われて
います。

ドブとは、淀みや淵など、水深が1メートル
以上ある、ゆるやかな流れのところです。

鮎は、幼魚期はカワムシ類や昆虫などを
食べていますが、水中昆虫を真似て作られた
毛バリを、重いオモリで沈め、水の中で上下
させて釣る方法です。

エサ釣り

アジやカマスの身をこまかく切ったものや
シラスをハリにつけて釣る方法です。

エサ釣りは、解禁から禁漁になるまで釣れ
ます。

秋になり、産卵をひかえた鮎は、体力を
つけるために、コケばかりでなく、動物性
食物を盛んに食べるようになります。

それで、ドブ釣りで釣れない時でも、エサ
釣りで可なりの大型の鮎が釣れます。

掛け釣り

漁師の漁法として発達したもので、天候や
濁りなどに左右されず、他の釣りが出来ない
時でも釣ることが出来ます。  

オトリ店が無かった頃は、釣り人が各自で、
友釣りに使うオトリを捕るために利用して
いました。

掛け釣りには、コロガシ釣り、シャクリ釣り、
チョウチン釣りなどがあります。

コロガシ釣りとはオモリを付けたハリ仕掛け
を、沖や下流に投入して、川底を引いて、
鮎を引っ掛ける釣りです。
   

シャクリ釣りとはオモリを付けてハリ仕掛け
を川底に投入し、縦や横にシャクって、鮎を
引っ掛ける釣りです。

チョウチン釣りとは、砂利の多い川や砂利池
などにいる鮎をオモリを付けたハリ仕掛けを
投入して鮎を引っ掛ける釣りです。

まとめ

1、友釣りとは、鮎の闘争性を利用した釣り
  です。

2、毛針釣りとは、水中昆虫を真似て作られ
  た毛バリを、重いオモリで沈め、水の中
  で上下させて釣る方法です。

3、エサ釣りとは、アジやカマスの身をこま
  かく切ったものやシラスをハリにつけて
  釣る方法です。

4、掛け釣りには、コロガシ釣り、シャクリ
  釣り、チョウチン釣りなどがあります。

スポンサーリンク

 - 初級者講座 , ,